《みずほ銀行カードローン》おまとめローン可能!他社借り入れを一本化する5つの秘訣

《みずほ銀行カードローン》おまとめローン可能!他社借り入れを一本化する5つの秘訣

金利が低いみずほ銀行カードローンならば返済も楽になる♪

みずほ銀行カードローンは金利が低くて用途も自由なので、おまとめローンとして最適です。金利はプランや利用限度額によって決まって来ますので、契約をする時に具体的な金利を確認するようにしましょう。

ローンを利用する時の注意点!!

ローンを利用する時に注意しなくてはならないのが金利です。
金利が高いと利息負担が大きくなって、返済するべき金額も大きくなります。
ローンを探す時は、まず金利を確認して、出来るだけで金利が低いもの選ぶ事が大切です。

様々なローンに付随するサービスについては、金利が同じレベルのローン間で比較するだけに留めましょう。
金利を無視してサービスに釣られて契約してしまうと、高い金利によって返済するのが苦しくなってしまいます。
ローンは金利が大事だという事を、忘れない様にしましょう。

“金利が低い”みずほ銀行カードローン

一般的には銀行系のローンの方が、金利は低いとされています。
特に大手都市銀行のみずほ銀行カードローンは、金利も低く審査もそれ程厳しくないのでおススメです。
金利が低いローンを利用するのならば、無視出来ないローンと言えるでしょう。

みずほ銀行のカードローンは、初めてローンを利用する人だけではなく、複数のローンを利用している人にも適したローンとなっています。
資金の用途が限定されていませんので、おまとめローンとしても使えるからです。
金利の高いローンをみずほ銀行カードローンにまとめれば、返済額が少ないなって家計が助かるでしょう。

安定した収入さえあれば利用可能となっていますので、正社員以外で働いている人も、申し込みをすれば利用出来る可能性があります。

金利を味方に付けて返済計画を楽にするために、みずほ銀行のカードローンの利用を検討してみましょう。

「適用されるプラン」と「利用限度額」で金利が決まる

みずほ銀行カードローンの金利は、適用されるプランによって異なります。
コンフォートプランの場合、2015年11月の基準金利は年4.0%~年14.0%となっていて、エグゼクティブプランの場合は基準金利が年3.5%~年7.0%です。
エグゼクティブプランの方が、低い金利となっています。

各プランで基準金利に幅があるのは、利用限度額毎に金利設定が違うからです。
コンフォートプラン・エグゼクティブプラン共に、利用限度額が大きい程基準金利は低くなり、利用限度額が小さい程基準金利は高くなります。

適用されるプランと利用限度額は審査によって決まりますので、申し込みする人が希望しても適用されない場合もある事に注意しましょう。

キャッシング、おまとめ体験談

女子大生が40万円のおまとめに成功!

女子大生をしています。生活費のやりくりのためにレイクとプロミスから借り入れしていましたが、1つにまとめようと思い、みずほ銀行カードローンに申し込んでみました。

最初は、収入証明というものが必要になるのかと思っていましたが、ローンのおまとめでも書類なしで申込が完了しました。おまとめローンの審査に不安を感じている人もいるようですが、女子大生の私でも借入できたので、きっと大丈夫だと思いますよ!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてお読みください

Page Top